ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松尾 静磨
松尾 (2)

松尾 (4)

松尾 (3)
松尾 静磨 像
(佐賀県 武雄市若木町大字川古)

撮影日:2016年3月28日
建設年:昭和51年(平成15年移設)
分 類:官僚
作 者:立体写真像
評 価:☆☆☆

松尾 静磨
松尾 静磨(まつお しずま)
(1903年-1972年)
昭和時代の官僚、経営者

明治36年2月17日生まれ。
東京瓦斯(ガス)電気から逓信省にうつり、大阪飛行場長、航空局次長をつとめる。
昭和24年航空保安庁初代長官。26年日本航空の設立で専務、36年社長、46年会長となる。
安全運航のための整備を重視し、現場主義を説いた。
昭和47年12月31日死去。69歳。
佐賀県出身。九州帝大卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

九州最大のゼネコン松尾建設会長で、弘学館中学校・高等学校を創設した松尾幹夫は甥にあたる。御巣鷹の尾根での日本航空123便墜落事故を主題にした山崎豊子の小説『沈まぬ太陽』に登場する名経営者「桧山社長」のモデルとも言われる。

『語 録』
臆病者と言われる勇気を持て。安全航行こそ、最大の使命であり、責任である。 臆病者と言われるのを恐れないと言われることも多い。
企業というものは社長一人が優れていても、たいしたことではないんです。全社員がそれぞれの能力を十分に発揮できるような、一人一人が気持ちよく働けるような職場づくりをしなければ業績は上がりません。 ワンマン経営を批判した発言としてよく引用される。
… 祖先のこころうけついだ この空この地このからだ はえあるその名 若木のように 希望明るく手をとって つくるよい郷(さと)よい日本 母校・武雄市立若木小学校の校歌の締めくくり部。57歳の時に頼まれて作詞したもので、日本の未来を託す子供たちに寄せる靜磨の温かい期待があふれている。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感  想]
若木公民館近くにおられます。
松尾 (1)
上半身の像で、彫りの深い顔立ちと口髭が印象的です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/642-533f7360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。