ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和泉式部 
和泉 (1)

和泉 (2)

和泉 (4)
和泉式部 像
(佐賀県 嬉野市塩田町 和泉式部公園)

撮影日:2016年3月28日
建設年:平成7年
分 類:歌人
作 者:橋本 次郎
評 価:☆☆☆

和泉式部
和泉式部(いずみしきぶ)
生没年不詳
平安中期の女流歌人

越前守大江雅致の女。母は越中守平保衡の女。
和泉式部は女房名で、江式部、式部などとも呼ばれた。
すぐれた抒情歌人として知られ、「和泉式部集」正・続1500余首の歌を残し、「和泉式部日記」の作者として名高い。「後拾遺集」をはじめ勅撰集にも多くの歌を収める。
式部の父は、朱雀天皇の皇女で冷泉天皇の皇后となった三条太皇太后昌子内親王に、太皇太后宮大進として仕え、母も同内親王に仕えていたから、式部は幼いころ昌子の宮邸で過ごしたと思われる。
「世界大百科事典 第2版の解説」から

恋愛遍歴が多く、道長から「浮かれ女」と評された。
また同僚女房であった紫式部には「恋文や和歌は素晴らしいが、素行には感心できない」と批評された(『紫式部日記』)。
真情に溢れる作風は恋歌・哀傷歌・釈教歌にもっともよく表され、殊に恋歌に情熱的な秀歌が多い。才能は同時代の大歌人・藤原公任にも賞賛された。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

『和泉式部公園』
平安朝きっての歌人として名高い和泉式部は、佐賀県杵島の福泉寺に生れ、塩田郷の大黒丸夫婦にひきとられて9歳まで過ごしました。
その後、式部は京の宮廷に召され、優れた才覚と美貌で波瀾に満ちた生涯を送ったと伝えられます。今でも嬉野市塩田町には和泉式部にまつわる地名や伝説が数多く残っており「五町田」という地名は式部が詠んだ「ふるさとに 帰る衣の色くちて 錦の浦や杵島なるらん」という歌に感動した天皇が大黒丸夫婦へおくった「5町の田圃」から由来するものです。「和泉式部公園」はこうしたロマンあふれる伝説の地に造られています。
「一般社団法人 佐賀県観光連盟ホームページ」から

[感  想]
和泉式部公園におられます。
和泉 (3)

十二単衣を着て、扇子を持った立ち姿で、高さ5mの巨大な像です。
和泉 (5)

和泉 (6)
両側に和泉式部の歌碑が有ります。
現代人っぽい美人の顔立ちだと思いました。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/646-e85155c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。