ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木 希典 2
IMG_6055.jpg

IMG_6057.jpg

IMG_6058.jpg
乃木 希典 像 2
(夫婦像)
(山口県 下関市 長府 乃木神社)

撮影日:2007年9月6日
建設年:昭和37年
分 類:軍人
作 者:竹内 不忘
評 価:☆☆☆

乃木 静子(のぎ しずこ)
(1859年-1912年)
明治時代,乃木希典の妻

安政6年11月27日生まれ。
薩摩鹿児島藩医の娘。
明治11年結婚。
明治天皇大葬の日の大正元年9月13日,夫とともに殉死した。
54歳。旧姓は湯地。旧名はお七。
【格言など】出でましてかへります日のなしと聞くけふの御幸(みゆき)に逢ふぞかなしき(辞世)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

乃木 希典夫婦
自決当日の乃木夫妻
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[銅 像]
夫婦銅像は、昭和37年(1962年)、乃木神社30周年祭を記念して建立されました。
題字は、内閣総理大臣 岸信介 書。
横の馬は、乃木将軍が乗った名馬「壽号」で、乃木神社創設85年を記念して建立されました。

[感 想]
下関市長府の乃木神社の奥におられます。
軍服姿の乃木将軍と着物姿でおだやかな表情の奥さんの姿がいいです。
初めての夫婦銅像です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/70-15e4a0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。