ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高杉 晋作 7
DSCN9372.jpg

DSCN9374.jpg

DSCN9376.jpg

DSCN9401.jpg

DSCN9393.jpg
高杉 晋作 像 7
(山口県 下関市 長府 功山寺)

撮影日:2014年12月30日
建設年:昭和47年
分 類:幕末藩士
作 者:般若 純一郎
評 価:☆☆☆☆☆(満点!)

DSCN9387.jpg

「これより長州男児の肝っ玉をお目にかけます」
元治元年(1864)12月、雪の長府・功山寺において、
高杉晋作は打倒萩政府の兵を挙げました。
従う者わずかに八十名……。
幕末、アジア諸国を蹂躙した西洋列強は、次に日本を狙っていました。
上海に渡航し、半植民地と化した中国を見て強烈な危機感を抱いた晋作は、攘夷実行のために、身分を問わぬ精鋭部隊「奇兵隊」を結成します。
そして長州藩は攘夷を決行、下関を通過する外国船に砲撃を加えます。
しかし、四カ国連合艦隊の強烈な報復攻撃を受け、
さらに幕府の征討軍を前に、藩は屈服の道を選んだ。
「このままでは長州が、そして日本が滅ぶ」
晋作は奇兵隊に決起を促すが、肯んじる者はいませんでした。
「ならば一人でも起つ!」
晋作の、この捨て身の決断が、奇跡を起こしました。
彼に従う者は次第に増え、ついに晋作らが藩の実権を握るに至ったのです。
長州藩内の動きを察知した幕府は、再び長州征伐の軍を起こし、四境戦争が勃発。
兵の数では数十倍の幕府軍が相手でしたが、晋作らの奮闘でこれを撃退。
幕府の権威は地におち、明治維新に向けての大きな一歩を進めることができました。
それは高杉晋作の一つの決断 から始まったといっても過言ではないでしょう。
「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」と評された晋作。
破天荒で型破りながら、一片の私利私欲もなく、維新回天の事業に短い生涯を捧げた男。
「歴史街道」かわら版 から

[感  想]
下関市長府にある功山寺、
DSCN9414.jpg

DSCN9416.jpg

ここは、
1864年12月15日
高杉晋作が、三条実美ら五卿に
「これより長州男児の肝っ玉をお目にかけます!」
と言いはなち、挙兵したまさにその場所です。
DSCN9444.jpg

DSCN9439.jpg
「回天義挙」の記念碑も入り口にあります。
そして、この高杉晋作騎馬像は、まさにその瞬間をとらえた素晴らしい像です。
桃型の兜を頸に掛け紺糸威の小具足に身を固めた高杉の等身大の銅像です。
高杉晋作という人物、銅像の出来栄え、銅像の建っている場所と全てにおいて満点です!
長州男児として高杉晋作を見習いたいと思います。

DSCN9430.jpg
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/89-2646c50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。