ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛田 穂洲
IMG_7267.jpg

IMG_7270.jpg
飛田 穂洲 像
(東京都 新宿区 早稲田大学)

飛田 穂洲(とびた すいしゅう)
(1886年-1965年)
明治-昭和時代の野球人
日本の学生野球の発展に多大な貢献をしたことから、「学生野球の父」と呼ばれる。

撮影日:2007年10月26日
分 類:野球評論家
評 価:☆☆☆

飛田 穂洲
飛田 穂洲
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

明治19年12月1日生まれ。
早大野球部で主将。
大正8年早大野球部監督となり,その黄金時代をきずく。
15年朝日新聞社にはいり,大学野球と高校野球(戦前は中等学校野球)評論に健筆をふるい,「学生野球の父」とよばれた。
昭和35年野球殿堂入り。昭和40年1月26日死去。78歳。
茨城県出身。本名は忠順(ただより)。著作に「熱球三十年」など。
【格言など】甲子園の浜風心して吹け
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

一球入魂(いっきゅうにゅうこん)は、野球に取り組む姿勢を穂洲が表した言葉である。
西洋伝来のスポーツであるベースボールを、穂洲は日本発祥の武道に通じる「野球道」と捉え、試合よりも練習に取り組む姿勢を重要視し、学生野球は教育の一環であると説いた。
また、試合でいかなる状況においても実力を発揮しうるために、練習では常に最善をつくすべしという「練習常善」の言葉を作り、過酷な猛練習の末に真の実力が備わると説いた。
こうした考えの背景には早慶の台頭前に全盛期を誇っていた一高の存在(晴雨寒暑にかかわらず、あたかも修行のごとき厳しい練習をしていた)と、「知識は学問から、人格はスポーツから」と説いていた早大野球部長安部磯雄の影響が大きい。
穂洲の評論は日本の野球指導者・ジャーナリストたちの間で長い間教本として扱われた。
そのため、穂洲は日本の精神野球の源ともいえる。
穂洲は早大監督を辞任した後も新聞記者として自らの主張を訴え、また母校の後輩たちにことある毎に訓示を行ってきた。
特に早慶戦前は選手たちを前にその歴史と心構えを長時間滔々と述べ、決戦の重みを訴え続けた。
彼の教えは、野球技術(プレーだけでなく選手の体格・力量、トレーニング理論なども)が進化した現代においては古い時代の精神論として軽視、ときには敵視される事が多い。
しかし練習でできないことは試合ではできない、といった考えや目の前の一球の大切さを説く穂洲の主張は決して色あせてはおらず、プロからアマに至るあらゆる野球チームの中に息づいている。
早大野球部においては石井連藏を経て孫弟子野村徹へと引き継がれている。
早稲田大学のグラウンドを見下ろせる地に建立された穂洲の胸像の側に「飛田穂洲先生を偲ぶ」と題されたサトウハチローの詩碑が置かれ、ひとつのものを貫き、ひたむきにそれと取り組む姿勢を賛美する詩が刻まれている。
飛田の像は、かつて主戦場としていた戸塚球場跡にもあり、安部磯雄の傍らに寄り添うようにして建っている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
「学生野球の父」といわれる人です。
「一球入魂」は、この人が言った言葉だったとは驚きでした。
早稲田大学のグラウンドを見下ろせる地にある上半身の像です。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/91-d6163f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。