ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安部 磯雄
IMG_7271.jpg

IMG_7276.jpg
安部 磯雄 像
(東京都 新宿区 早稲田大学)

安部 磯雄(あべ いそお)
(1865年-1949年(昭和24年))
明治-昭和時代の社会運動家、教育者
日本における野球の発展に貢献した人物としても知られる。

撮影日:2007年10月26日
分 類:その他
評 価:☆☆☆

安部磯雄の肖像写真
安部磯雄の肖像写真
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

元治2年2月4日生まれ。
アメリカ留学後キリスト教社会主義をとなえ,明治34年社会民主党,大正13年日本フェビアン協会を創立,のち社会民衆党,社会大衆党の委員長。
昭和3年衆議院議員(当選4回)。この間早大教授となり,野球部を創設した。
昭和24年2月10日死去。85歳。
筑前(福岡県)出身。同志社英学校卒,ハートフォード神学校卒。
旧姓は岡本。著作に「土地国有論」など。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

「野球との関わり」
「知識は学習から、人格はスポーツから」形成されると考え、特に日本に伝えられて日の浅い野球の普及・発展に力を注いだ。
1901年には早稲田大学野球部の初代部長に就き早慶戦の糸口をつくっただけでなく、日露戦争まっただ中の1905年には同部で野球史初の海外遠征を強行し野球発祥国アメリカで行われている数多くの技術・練習法などを持ち帰った。
安部らはこれを早稲田部内の秘伝とせず著書や指導などによって日本全国に伝えた。
このことによって日本の野球技術発展の基礎をもたらしたほか、嘉納治五郎らとともに大日本体育協会を創立した。
1930年東京六大学野球連盟初代会長就任(1932年の早稲田大学野球部の連盟脱退問題で引責辞任)
1946年日本学生野球協会初代会長就任。
こうした数々の功績から「日本野球の父」と呼ばれる。
早稲田野球部の本拠地であった戸塚球場は安部が創設者大隈重信を説得して築いたもので、没後「安部球場」合宿所を「安部寮」と名称を改められた。
没後の1959年、この年創設された日本野球殿堂入り(特別表彰)。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
日本野球の父と呼ばれた人物だそうで、初めて知りました。
台座には、野球道具をモチーフにした飾りがはめ込まれています。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/92-8ce40fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。